期待と不安

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先日の記事で、もうすぐ安定期に入ることをお知らせしました。

妊娠がわかってからは、大きな喜びとともに少し不安もあり、日々いろんな気持ちになります。子どもができて嬉しい!という気持ちにはたくさん理由があって、

・結婚して自分の家庭をつくりたいと思ってた

・いずれは子どもを育てたいと思ってた

・子どものいない人生も、子どものいる人生もいいと思うけど、私にとっては子どものいる人生の方が、より豊かで彩りのあるものになりそうだと思う

・親に、孫の顔を見せられる

・子育てを通して、自分も人間として成長できるかも

とか。あと「自分の子が一番かわいい」「子どもが生きがい」って世の中の親御さんが言うように、生まれたら可愛くてしょうがないんだろうなーとか、いいことをいっぱい思い描いてる。

その一方で、未知のことが多いからか不安もある。忙しいだろうな、ちゃんと育てられるかな、とか。なるようになるとは思うんだけど、出産準備をしようとして色々調べると、産後しばらくはフラフラになるほど忙しい、寝れない、みたいなマイナス情報もたくさん入ってくる。

妊娠中の心配というよりは、生まれた後の方が気になることが多いなあ。夜泣きってどれぐらいすごいんだろー。母乳出るかなー授乳うまくできるかなー。子どもと外出るようになったらどうやって行動するんだろー。ママ友できるかなー。なんて。心配しても仕方ないことではあるんですけどね。その時が来たら対応するんだろうし、子どもの個性によって状況が全然違うっていうし。

あんまり心配してても今対処できることが本当に何もないので、とりあえずいいことを考えるようにします。あと、完璧主義は精神衛生上あまりよくなさそうなので、大変なときはちょっとぐらい家の掃除や自分の食事が適当でもいいかなと思うようにしてみます(つわりのときもそうだった)。耳年増だけど、いろいろ調べてるとやっぱり全部をきちんとやろうと頑張ってるしっかりした人の方が、自分を追い込んでしまって辛い思いをされてると聞くので。

ちゃんとやろうとすると本当に大変だと思う。妊娠中の食事からして、生ものNG・カフェインNG・野菜には火を通す・糖、脂質、塩分は控えめ・なるべく手料理で栄養バランスよく……とか、普段の食事と比べると制限がかなり多い。赤ちゃんのためにと思って生もの一切口にしないとか、徹底してる人もいるそうです。すごい。

私はというと、ネットの情報全て実践するとストレスになりそうだったので、できることをやってます。ノンカフェインのコーヒーや紅茶を飲んだり、葉酸や鉄分のサプリを取ったり。食中毒には気をつけるけど、生の野菜も魚も新鮮なものを食べる(野菜は生の方が栄養価が高いものが多い)。たまには散歩して、ストレスためないようにして、あとはよく寝る。

赤ちゃんによくないと言われてることを完全に避けてる人はすごいなーと思います。ただ、ネット上の情報には正しくないものもあるし、大げさな書き方してることもたくさんあります。医療系ライティングの仕事で妊娠中の過ごし方の記事を書いたこともあるし、書くときには根拠を探します。参考に色々なサイトの情報を見たけど、これは言い過ぎかな?と思うものが検索上位に来てたりします。

たとえば、妊娠中にマグロ食べると水銀が体内に蓄積して胎児に影響が〜みたいな記事がよくありますが、週1回お刺身1人前までなら(厚労省のメチル水銀摂取に対する)許容範囲内で、頻繁に食べなければいい。コーヒーとかに含まれてるカフェインも妊婦にとっての許容量は1日1杯〜2杯だから、別に絶対飲んじゃいけないわけじゃない。「摂取の目安を守れば大丈夫、もし不安なら控えた方がいいかも」というぐらいのものだから、程度がわかっていれば神経質になる必要はないと思うし、最終的には自己判断だと思います。

そんなこともあり、これ以上心配事を増やしたくない気持ちもあるから、食事に関しては気になる項目の摂取量だけ最初にチェックしておいて、あとはあまり気にしすぎないようにしてます。

いろんな情報が飛び交ってますが、余計混乱を招くのは、あるサイトには「◯◯がいい」って書いてあって他のサイトには「◯◯はダメ」って真逆のことが書いてあったりすること。しかもよくある。結局のところ、根拠は何か、最新の情報は何かを調べるしかない。記事を作る側に悪気がなくても、昔は良いとされてたことが最近そうでもないとわかってきたみたいなことも実際にあるので。昔は母乳で育てなきゃダメとか言われて、母乳がとても出にくい人が悲しい思いをしたり粉ミルクを使うのに罪悪感を覚えたりしたようですが、母乳と粉ミルクにはそれぞれ別の利点があります(母乳は免疫力に優れ、粉ミルクは母乳に不足しがちなビタミンKを補える)。それに、最近の粉ミルクはとても品質がいいので、粉ミルクで育てても生育に問題ないそうです。

まあ、授乳なんて私にはまだ先の話なんですが……。今心配なのは食品とかのことよりも、未知の状況に自分がちゃんと対応できるか、子どもをしっかり育てていけるのか、みたいな全体的なことです。子どもが生まれてきてお世話とかするようになったとき、早く順応できるといいなあ。

ベビ★ママ抱き枕 (全長:120cm 厚み:19cm) 3way 授乳クッションにもなる マタニティ ママの抱き枕 日本製 洗える 手洗い シムスの体位 プレゼント 枕 妊婦 国産 出産祝い 足 脚 まくら ベビー 洗える ウォッシャブル残暑見舞い ギフト【送料無料】【あす楽対応】

価格:3,780円
(2017/8/12 20:35時点)
感想(17件)

フォローする