コスパいいからヨーグルトは自作

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

発酵食品づくりの趣味は昨年から始まり、

今年、ヨーグルトメーカーを導入しました。

これまでに作ってきたものは

ピクルス、ザワークラウト、キムチ、

ぬかづけ、味噌、塩麹、

シードル、ミード(蜂蜜酒)など。

※お酒類は、もちろん低アルコールですよ〜

サラミなどの肉類はボツリヌス菌が怖くて……未挑戦です。

チーズやヨーグルト大好きな身としては、

なんとしても自分で作ってみたかった!

ちなみにチーズは牛乳から作ることができるし

何度か自分でやってみたこともあります。

しかし、それはナチュラルチーズであって

熟成発酵させないタイプのものです。

ちゃんと熟成させるには温度・湿度管理とか

特定の菌類が必要になってくるので、

なかなか難しい。。

そこで、ヨーグルトなら市販のヨーグルトを種にして

保温しとけばできるだろうということで

ヨーグルトメーカーの登場です。

買ってきたヨーグルトを、食べきる前に50gぐらい残しておいて

牛乳を500ml入れて混ぜ、

メーカーにセットして保温(40℃で5時間)するだけです。

使ってみたらとてもコスパがよくて、

普通にヨーグルトを買うのに比べたら半額ぐらいでできます。

うちの場合だと、

市販ヨーグルト(400g)=126円、牛乳500ml=75円なので

1回51円のお得。週2回買うのと比較すれば、

51×2×4週×12か月=年間4,896円のお得になります。

また、使うヨーグルトの種類によって味や食感が違うので、

毎回実験気分でいろんなメーカーのヨーグルトを試してみたり。

ケフィア(ヨーグルトに似てるやつです)は牛乳の中でとても育ちやすく、

しっかりとしたテクスチャーになります。

今はケフィアがお気に入り(^^)

ちなみに、ヨーグルトとケフィアの違いについては

別記事で、調べたことを掲載します。

あと、やったことないけど温泉卵とか納豆、甘酒も作れるようです。

ヨーグルトメーカーの付録でレシピついてるんですが、

最初だけ熟読して、慣れたらあまり見てません……

(そして時間設定を間違えたりする)。

TANICA ヨーグルティア スタートセット ブルー

価格:11,190円
(2017/8/8 15:19時点)
感想(2件)

フォローする