妊婦が風邪をひくと、つらい

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2度目の逆子は無事治ってた

妊娠9か月目、33週目に入りました。

前回検診で逆子(2回目)になってたけど、今回エコーで見たら治ってました

いつ動いてるのか、本当にわからない。

たまに強めの胎動がある(ちょっと痛い)なーと思うときがあるけど、

単にやんちゃなだけって感じなので、

「いま、グルッて回転した!」みたいな感覚は味わえず。

9か月目以降では、赤ちゃんが動けるスペースがなくなってくるので

これ以降は大きく位置が変わることはほぼないそうです。

逆子で帝王切開か……?と思ってたけど、その線は薄そう。

今後の検診や陣痛の状況次第で帝王切開になる可能性はまだありますが。

風邪ひいた。思いの外つらい

インフルエンザのワクチンは産院の検診のときに打ってもらいましたが、

普通の風邪にかかりました。

妊娠中は免疫力が下がるので、

普段はめったに風邪ひかないけど、鼻水・咳・発熱でダウン。

もともと鼻と耳の距離が近いらしく、風邪をひくと耳の奥も痛くなります

つらいときは無理せず寝てればいい生活なので、大変ありがたいんですが

夜、鼻づまりと呼吸が苦しいのと胎動で寝れない

9か月目の妊婦は、ただでさえ胃や肺が圧迫されて寝苦しいんです。。

乾燥しないように毛布をかぶっては、息苦しくて顔を出し、

また寒くなって毛布をかぶる……の繰り返しです。

そして胎児が夜になると活発に動くので、たくさん寝返りをします

そんな感じで、いつもより寝づらい夜が続いています。

民間療法で乗り切る

妊婦だから薬を飲まないってわけではなく

普段から風邪は自然に治るのを待つ

(薬飲むことになってもそういう習慣がないから結局忘れたりする)

ので、いまのところ漢方も飲んでません。

葛根湯とかなら副作用の心配がなく、妊婦でも大丈夫らしいです。

風邪のひき始めにいいそうなので、自分が思い出したときには遅かったけど

とにかくビタミンをとろうとしてみかん食べたり、

喉にいいはちみつヨーグルトに入れたり、

食事で何とかしようと試みています。

おすすめなのは柚子はちみつとか、大根はちみつ

材料を切ってビンに入れ、はちみつを材料の高さくらいまで入れて半日〜1日漬けるだけ。

おいしいはちみつをもらったので、最近よく食べてます。

スーパーの水飴風のとは味や食感が全然違う!

あと、はちみつに使われた花が1種類のものの方が、味がおもしろい。

こないだ行ったレストランでデザートに出てきたのは栗のはちみつでした。

味が独特で、甘すぎない(チョコでいうとビターみたいな)。

そういえば民間療法で昔聞いたけど、喉痛いときに焼いたネギを首に巻くっていうのあったな……。

何の成分が効くんだろう。ビジュアル的にすごそう。

効果あるらしいですが、やったことはない。

雅蜂園蜂蜜 国産くり蜂蜜 300g

価格:2,100円
(2017/12/21 16:53時点)
感想(6件)

フォローする