妊婦とノンアルコール飲料

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お酒が好きで……

現在、妊娠21週目です。安定期に入ってから感じていた眠気やだるさは治まってきました

体が慣れたのかもしれません(^^)

ただ、頻尿だけ(特に夜間)は継続していて、夜中にトイレに起きてるので朝は毎日眠いです。

食生活もあまり変わらず。

お酒が好きなので、妊娠前はワインとかビールとか色々飲んでましたが、今はまったくアルコール飲んでません意外と飲みたいとも思わないです、ほとんど。

そんなノンアル生活ですが、最近、おしゃれなレストランで外食したときにノンアルコールワインがあったので飲んでみました

お酒が飲めるときならノンアルは絶対選ばないだろうから、今だけの楽しみだ!と思って(笑)。

発泡だったこともあってか、本当のスパークリングワインにかなり近い!

むしろ味はほぼ同じでした!

そして、ノンアルコールなのになぜかポワンとして酩酊っぽい感覚もある。

「アルコール入ってない=運転OK、二日酔いしない、肝臓に負担ない」なら、ノンアルコールの方がお酒よりいいんじゃないかとさえ思ってしまいました。

ノンアルコール飲料を開拓

それ以来、ノンアルコール飲料が気になって、少しずつ試しています

ノンアルコールのビール、梅酒、スパークリングワインなど。

飲んだことないけどノンアルの日本酒もあるそうです。

(個人的には日本酒はアルコール入っててほしいなあと思います)

ノンアルの飲み物って大体炭酸が入ってますが、もともと泡ものは好きなのでラッキーです。

それに、どれもおいしいです。ビールはメーカーによって味がかなり違ってて、私はアサヒのが本物に近くて好きです。

飲むと腸管ガスがたまる(体質によるかもしれませんが)ので、お腹が赤ちゃんと液体とガスでパンパンに張るのがアレですが……。

せまくてごめんよ胎児。

ノンアル飲料も最終的には自己判断

ノンアルコールなのに酩酊感があるってどういうことなのか気になって、妊婦への影響を少し調べてみました。

アルコール分が1%未満なら「ノンアルコール」と名乗っていいことになっているので、ものによっては微量のアルコールが含まれる場合があります

お酒にすごく弱い人だと、ノンアルコール飲料でも頭が痛くなったりするようです(知人が実証済み)。

ラベルにアルコール0.00%と明記してあれば、アルコールは少しも入っていません

したがって、胎児へのアルコールの影響を徹底的に取り除きたい場合はアルコール0.00%のものを選ぶといいです。

ですが、ノンアル飲料で気をつけた方がいいのは、1%に満たないアルコールの量よりも、糖分や甘味料などの人工添加物です。

アルコールを使わずにお酒の味を出すということは、添加物を使う場合もあります。

(普通にお酒を作って、後からアルコール分を抜く「脱アルコール」飲料もありますが)

添加物といってもいろんなものがあるし(ビタミンCとか無害なものもある)、量も知れてるので、胎児に直接悪影響を与えるとは限りませんが

添加物自体は、市販の食品にもなんだかんだで入ってますし。。

ただし、妊婦としては糖分の取りすぎは明らかに避けたいところですよね。妊娠糖尿病のリスクがある人は特に。

何にせよ、買う時は成分表示やエネルギー表示をちゃんと見て、納得の上で体内に入れるってことに尽きると思います。

ちなみに、最近はビールだとむしろノンアルビールの方が健康によくて、カロリーゼロとかプリン体を大幅にカットしたものすらあります。

ノンアルコールカクテルもカロリーオフのものがあるので、普通のジュース飲むのとどっちがいいか、という話でもありますし、最後は自分の判断ですね。

私がこの前見つけて、いいなーと思ったのは、KALDIのノンアルコールスパークリングワインです。

普通のワインよりは安めで、上記の「脱アルコール」の方法で作られてます。

ロゼと白がありますが、どっちも甘すぎなくておいしいです。

カロリーオフではないので、それを求めるならノンアルカクテルのカロリーゼロ一択でしょうけど。

お酒が好きだけどアルコール取っちゃいけないという人がいたら、おすすめです。

【送料無料】選べる ノンアルコールドリンク 24本×3ケースセット【北海道・沖縄県は対象外となります。】

価格:7,698円
(2017/9/28 22:11時点)
感想(172件)

フォローする