仕事

妊娠とフリーランスの仕事
一時休業

もうすぐ子どもが生まれます。予定日まで約2週間。

初産なので、予定日より2週間くらい遅れることもあるそうですが、

いずれにせよ、1か月後にはとっくに子育てスタートしてる頃。

 

当然ながら、お仕事はしばらくお休みですね。

いつごろ再開するかは生活の状況によりますが

せっかく在宅でできる業種なので、時間をつくって早めに戻れたらと思います。

 

妊娠中の仕事と産休

ちなみに、妊娠中の仕事については

フリーランスですから、産休制度などありません。

自分で仕事の量を調節して、スケジュールを組むことになります。

 

ちなみに法律(労働基準法)では、賃金労働者は出産予定日の6週間前から取得でき、

産後8週間は就業してはいけないことになっています。

でも実態はいろいろで、職場次第ですよね。

安定期が終わる妊娠8か月目頃から産休に入り、育休と合わせて1年近く休めるところもあれば

妊娠を報告した時点で退職をほのめかされるところも今だにあるという……。

マタハラ、妊婦様などなど色々トラブルの起きやすい時期ですが、それはまた別の機会に。

 

フリーランスの場合、いつから産休とするかは個人の裁量ですが、

クライアントに迷惑がかからないよう配慮する必要があります。

私はやはり、安定期が終わる8か月目をめどに仕事をセーブしました。

具体的には、

納期のきつい仕事を避ける

・打ち合わせなど、外出の予定を極力入れない

という感じです。

校正の仕事は基本的に家でできますが、もし突発的に入院して、納期を守れないようなことがあるといけないので(実際にはそういうことはありませんでした)。

 

とはいえ、結局仕事はギリギリ(つい2日前)までやっていました。

もう臨月に入っていて、いつ生まれてもおかしくない時期ではあるのですが

これまで受注してきたところから仕事が舞い込んで(ありがたい話です)、

短期かつ取り立てて無理な条件ではなかったので、やらせていただきました。

病院の検診でもまだまだ生まれる気配ないと言われていて、幸い何事もなく終わりました。

……万が一いま陣痛が来たらと、ちょっとヒヤヒヤしましたが(^^;)

 

フリーランスにとって妊娠とは

企業に勤めていたら、出産直前に仕事が入ることはまずないと思います。

また、今回はクライアントに妊娠の話をしていなかったため、仕事の話が来たのでしょう。

そもそも、クライアントに妊娠の報告をする人もいれば、しない人もいます

報告しなければいけないとは思いませんし、

仕事に支障がなければどちらでもかまわないと正直思います。

 

もちろん、伝えずに仕事を受け続けた結果、出産や育児で時間が取れなくてクライアントに迷惑をかける……というのは社会人としてダメですよね。

フリーランスですから、仕事量や納期の余裕を自分で管理することが前提です。

 

しかし、きちんと自己管理できている場合でも

「子どもが生まれます」と報告した時点でクライアントの印象が悪くなり

仕事が来なくなるケースが多々あるようです。

(この傾向は、もともとフリーランスに対して無茶な仕事の振り方をするクライアントに多いように思いますが……)

フリーランスは短納期で大量に仕事をさばくために使うもの、

と考えているクライアントからしたら、

子育て中のフリーランスは無理な条件をのめないので確かに使いにくいでしょう。

「フリーランスにとって妊娠の周知はマイナスでしかない」とブログで発言されるフリーランスの方もいらっしゃいます。

※その方は、誰にも妊娠を伝えず、出産前後の期間を「多忙」ということにして仕事を一旦ゼロにし、産後1か月で復帰されたようです。その後も育児しながら半年で元の仕事量に戻したとか。すごい……!

 

会社員にとってもリスクではある

この点は、企業に勤めている人とあまり変わらないかもしれません。

会社員時代に他の人が産休・育休を取ったときのことを少し思い出します。

産休明けに以前と同じように働けるわけではないので、

時短勤務やリハビリ的な業務から始まり、

子どもの急病などで早退・欠勤することもあるし、

遅い時間の会議や泊まり出張などに参加できない……となると

よほどホワイトな職場でないかぎり、会社側としてはその穴埋めが難しく

(何だかんだで周りの負担が増えますし)

嫌な顔をされることもあると想像します。

だからといって「妊娠報告→じゃあ退職して」はおかしいと思いますが。

 

とはいえフリーランスは自由だ

仕事と子育てのバランスは、

自分のキャパシティだけでなく

環境とか周囲の協力とか、色々な要素が関係するので

一筋縄でいくものではないです。

 

ただ、フリーランスの利点としては

休業を機にクライアントと関係が切れてしまっても

心を新たに、新規開拓すればいいと割り切れることが大きいと思います。

もともと単発の仕事で一度だけお世話になる場合も多いし、

自分の状況に合わせて、その都度受注できる量の仕事を取っていくというのも

フレキシブルでよい点です。

 

産後どのくらいの期間で復帰できて、仕事量はどのくらいになるか

自分でもまだわかりません(育児の状況次第)が、

ブログは続けつつ、マイペースに再開の準備をできればと思います。

 

日常, 育児

お産はまだまだらしい
いつ生まれてもおかしくない時期に

先日、37週目の検診を受けました。

37〜41週で産むと正期産とよばれる……つまり、いつ陣痛が来てもおかしくありません

私自身も、34週目ごろに前駆陣痛らしき痛み

(胎動とは違って、お腹全体がギューっと締め付けられるような痛みでした。

夜の寝入りばなに始まり、痛みが引くまで30分ぐらい

を感じていたので、

「この週数なら子宮口がちょっと開いてるかも!」

「無痛分娩の予約日(=入院日)が決まるかも!」

と内心ドキドキで受診しました。

 

 

が、内診で先生がさらっと「あー全然まだまだだね〜。(お産の)予定組めないねー」

と言うので、何だか拍子抜け……。

※37週から検査内容に内診が加わります。

内診とは、手で直接子宮口の開き具合を確認するもの。

何cm開いてるかによって、お産が近いかどうか判断します。

 

この時、うわさに聞く「内診グリグリ

(週数に対して子宮口の開きが小さい場合、手で刺激して陣痛を促す)

をされたのかどうかわかりませんが、それなりに痛かったです。

 

検査・処置への慣れ

処置や痛みに対して、最初の頃は「何でこんなことを」みたいな恥ずかしい・理不尽な気持ちがあったんですが

最近は病院に行くと有無を言わさず色々されるのに慣れてきたのか

一つ一つ疑問に感じることすらバカバカしくなってきて

受け入れるしかない……と諦めの姿勢で臨んでいます。

最初は動く診察台とか経腟エコーとかにも抵抗を感じてたけど、

何度もやってるうちに今は無心

 

妊娠前、仕事などのストレスから月経が来なくなった時期があり

初めて婦人科を受診した時は、それはもう嫌〜な気持ちでしたが

成長した……というか単純に慣れたなあ。

とはいえ、妊婦健診ももうすぐ終わると思うと、少しホッとした気持ちになります。

 

体重増加については何も言われず

妊娠後期に入ってから、急激に増加し続けている体重

今回は、1週間で1.7kgくらい増えてました。

胎児は2600g→2700gと微増。

なので、またしても完全に私の体重が増えたことになります(多分むくみ)。

 

ところが、問診では全く何も言われず

実は年明けから通う病院が変わり、

個人病院だったのが少し規模の大きい病院へ移ったせいか

新しい病院では全てが流れ作業的に淡々と進むので

そのせいかもしれないです。

エコーや問診が超短時間で終わるし、問診では会話がほぼゼロというときもありました。

まあ、異常がなければ別にいいや。

気になることがあればこちらから聞けば答えてくれると思うのでかまわないんですが

全く何も言われないのも少し不安になります。

 

37週目に入ってて、子宮口が全然開いてない上に体重増加が著しいから

「運動してねー」とか言われてもいいはずなんですが、それも言われない。。

運動と分娩時間に関係あるかどうかははっきりわかっていないようなので

特に気にしなくてもいいのかもしれません。

 

しかし余談ですが、通っている病院では医師と助産師の考えが少し違うようです(^^;)

病院主催の安産教室に参加したら、講師の助産師さんが

「某医師は運動と分娩時間に関係ないって言ってるけど、実際のお産の進行を見てたら運動してる人の方がスムーズです」と言っていました。

うーん。。笑

 

ただ、子宮口が開く原因は、ホルモン(オキシトシン)の分泌によって子宮頸管がゆるむことのようです。だから運動は直接関係ないのかもしれない

そうは言っても、運動する習慣のある人は股関節や筋肉が柔らかかったりして、子宮口が比較的開きやすいのかもしれないですね。

ネット上でも運動と安産はあまり関係なかったという体験談をよく見るので、本当のところはわかりませんけど。

 

 

私はどうするかというと、確実にこっちがいい!という方法がわからないので

あとは祈るのみだと思っています笑。

色々な方から安産守りをいただいていて、もう5個くらい手元にあるので

きっと安産です!

 

抗菌消臭加工・ラミネート マルチケース 通帳 パスポート 母子手帳など<seisuke88>和柄

価格:5,184円
(2018/1/24 15:38時点)
感想(0件)

日常, 育児

ついに臨月に突入

今年初めての更新

今年もよろしくお願いいたします。
36週目に入りました。もう臨月
ちなみにお正月の三が日は、黙々と仕事してました
臨月に入る前に何とか区切りがついたので、ほっとしてます。
あとは生まれるのを待つのみ……!

ここ2週間くらい体がすごく重く感じるようになり
(実際、むくんだり胎児がラストスパートで成長してたりする)、
この動きにくさから早く逃れたいな〜と思うことがあります。
でも、出産への心の準備ができてないので
まだ出てこないで……とか矛盾した気持ちになる。

 

体重増加は無事おさまった

前回の検診では、2週間で2kg増えるというショックなことが起こりました。
(推奨されるのは、多くて1kg以内)
しかも、妊娠前から合計12kg増加適正値ギリギリで、
これ以上太ったらダメよ〜と言われそうな状態でした。

一応食べすぎないように気をつけて、今回おそるおそる臨んだら
100g減ってた!
(逆になぜ……)
胎児体重は2200g→2600gと増加してました。

少し大きいみたいです。

 

乳房ケアは万全

あと、出産前の乳房チェックというのを受けました。

人によっては皮膚が薄かったり伸びにくかったり、

赤ちゃん側も吸うのがあんまり上手でなかったりして

授乳で乳首の皮膚が切れ、2〜3時間おきの授乳のたびに痛い思いをすることがあります

出産前からマッサージをして伸びやすくしておく必要があるかどうかをチェックされるのですが

特に問題なく、いい感じとのことでした。

よかった。でも「いい感じ」って何だ。

 

一応、6か月目くらいから妊娠線予防クリーム

お腹だけでなく、乳房や乳輪にも塗ってケアしていたのがよかったのかもしれません。

(実際、脇の下や乳房にも妊娠線ができることがあるそうです)

ネットで調べると、産前にできる乳房ケア(乳首マッサージ)の情報が転がっていたので

毎日ではないけど、気づいたときに実践していました。

 

何でこんなことを……と変な気持ちになったりしますが、

自分のためだし必要に迫られているので仕方ない。

人間も動物だということが思い出される瞬間でもあります。

(余談ですが、「妊婦ってみっともない」と思う人が少数ながらいるらしいことを最近知りました。体型を指しているのか何なのかわかりませんが、人はどんなに文化的な生活してても動物だし、動物である以上は他の哺乳類と同じようにして生まれてくるわけなので……ちょっとよくわからない意見だなあと思いました。普段の生活が高度に文化的であるあまり、人間の動物っぽいところを見ると受け入れられないのかもしれません。また、妊婦自身も自分の体の変化に驚き戸惑うことは大いにあります。好きで人間の動物っぽい側面を味わったり、周囲に示しているのではありません)

 

不安なことが多い時期

体の変調よりも、精神的に少しネガティブになることが多くなりました。

妊娠初期と後期はマタニティブルーになりがちというだけあって、

安定期の明るい気分がいつの間にか去っていったようです。

陣痛がいつ来るかわからない、前よりすぐお腹が張る、

お産は長いのか、周りの協力はどの程度頼れるのか……など

不確定かつ現実的な問題がいろいろ出てくる時期なので

まあ当然といえば当然

 

生まれた後はすごく忙しくなって、心の余裕もなくなるだろう。

子どものお世話以外で、いろいろ困ったり悩んだりもすると思います。

想像ですが、家族や親戚やママ友とのことなどで。

私は強く(というより、したたかに)なれるのかわかりませんが

これから起こることにできる限り対処していきたいと思います。

あと、不安だーとか書いていますが、大前提として子どもが生まれることはとても楽しみです。

 

【公式】シンスボーテ ストレッチマーククリーム(妊娠線クリーム)【送料無料】【オーガニック/国産/肉割れ/ボディローション/マタニティ】【SINCE beaute/アロベビー姉妹ブランド/出産祝い】

価格:5,184円
(2018/1/14 17:53時点)
感想(6件)