医療, 育児

母乳関連の正確な情報

母乳のことをいろいろ調べていて、
ネットの情報は本当に玉石混交だと感じました。
確かな知識を得るためには、
検索上位のまとめサイトでは不十分なことが多いです。

研究者が書いた本や論文、専門家の発言などであれば
信用できる情報と言えますが、
サイト記事を名もなき人が書いて、専門家が監修というスタイルだと
どうしても、間違いやあやしい表現が多くなります。

そこで、母乳について調べた中で
はっきりと出典のわかる情報を紹介します。

授乳中の食事と母乳の成分 宋美玄先生ブログ

産婦人科医でTV等メディアにも出演されている宋先生。
著書も大変有名です。

・乳腺炎は食事内容と関係ない
・母乳の成分は食事とは関係ない

詳しい内容はこちら
小児科の森戸やすみ先生のブログでも同様の記事があります
宋先生のブログ記事内で紹介されている戸田千先生のブログ記事(12)も勉強になります。

 

 

「妊娠中および授乳期の栄養状況が母乳成分へ及ぼす影響」米山京子ほか、『小児保健研究』62(3)、2003

妊娠時の栄養と母乳成分についての論文です。

母乳の脂肪分は妊娠中よく太ることに関係し、
授乳初期は逆に脂肪を控える方がよい

妊娠中の最大体重時のBMIが高いほど
つまり妊娠中に太るほど高脂肪で栄養価のある母乳が出る
そして、授乳期に低脂肪食であるほど高脂肪の母乳が出る
妊娠中に蓄積された皮下脂肪を消費して母乳をつくるからです。
(後述の『母乳哺育』という本に記載があります。妊娠中についた皮下脂肪は平均72,000kcalと、半年分の母乳に相当します)

 

母乳のカルシウム濃度は授乳期の食事とは関係なく、骨密度と関係する

母親の骨に蓄積されたカルシウムが母乳に移行すると考えられるそうです。
骨密度は急に増えるものではないので、
母乳の内容は妊娠前からすでに影響していると言えます。

 

母乳のタンパク質濃度は、授乳期にご飯・野菜を多く食べているほど低い

食事の量に占めるご飯・野菜の割合が高いということは、
肉や魚といったタンパク質の割合が低いということだと思われます。

 

 

『母乳哺育』加藤英夫ほか編、1983年、メディサイエンス社

古い本で、Amazonには取り扱いがないようですが
学術論文に引用されている専門書です。

新生児に母乳以外のものを与える地域がある

サモア:母乳不足だと生後数週でもココナツミルク、サトウキビジュース
ピグミー:生後数週目から野菜類
外モンゴル:生後2日間は羊の脂肪のみ
など。母乳以外の栄養を与えても大丈夫なようです。
日本や中国では、乳母のような他人の母乳をあげる習慣もありました。

 

離乳は2歳以降でも大丈夫

イランでは2歳まで母乳が与えられる
モンゴルでは4歳まで母乳の子もいる
日本でも、明治期には5歳でおっぱい離れできていなくても
特に不思議がられませんでした。
いついつまでに卒乳しなきゃ、というのは
文化的背景によるもののようです。
現在の小児科などでは1歳前後で断乳を指導するのが主流ですが
昭和30年ごろまではそのような時期の指定はありませんでした。
また、卒乳を子ども主導型で進めるのは悪ではなく
その場合2〜3歳までかかることもあるが何の問題もないそうです。

 

生後1〜2か月で母乳がよく出るときは、意外に胸が張らない

子どもが泣いたり、おっぱいを吸ったりして初めて張るようになるようです。
なお、授乳間隔が2〜3時間で、授乳時間が1回10〜20分なら母乳は足りており
授乳時間が30分以上、おっぱいを離さない、短時間で泣き出す時は母乳不足が考えられます。
ちなみに便が週1〜2回でも、便秘や母乳不足ではありません(生後1か月以上なら正常)。

 

泣き出してすぐに母乳をあげなくても大丈夫
(無視するという意味ではない)

覚醒後30分くらいは、オムツ替えや抱っこ、あやすなどしてから授乳。
ときには泣き遊びをさせてから飲ませるとよいとのこと。
起きてすぐだと泣くことに必死すぎて、おっぱいが目に入っていないことがあるので
少し落ち着かせてからの方がよく飲むようです。
起きて泣いているのにすぐ飲まないからといって、焦ることはないということですね。

 

生後2か月ごろ、母乳を飲むのが一時的に下手になる

次のような理由があります。
生後1か月は反射で吸引でき、拒否することがないのでたくさん飲む。
2か月になるといろいろな感覚刺激に反応する(しかし、ながら飲みはできない)ため、
気が散って休み休み飲むようになり、飲む量や吸引圧、哺乳量が低下する。
ダラダラチビチビ飲むようになり、哺乳効率が悪くなる
3か月では、多様な刺激に対し同時に反応できるようになるので、
ながら飲みができるようになる。その結果、哺乳効率が上がる。
4か月〜5か月になると、反射ではなく自律哺乳になり、
飲み方も吸引型(舌を前後に動かす)ではなく、
大人の咀嚼運動に似た咬合圧型の飲み方になる。
(その結果、乳首にかみつく遊び飲みが始まる

 

なかなか意外な情報もあり、調べていて面白かったです。

母乳と食事の関係なんて、ネット上の検索上位に誤情報が堂々と載っているので

広く知られていることでも、それが本当かどうか、情報源が確かかどうか

自分で確認しないといけませんね。

 

【即納・通常便】妊娠前・妊娠中・授乳中でも安心安全の無添加 ファスティー葉酸サプリ1個 栄養素の吸収効率にもこだわって、鉄分、野菜、カルシウム、ビタミン、ミネラル、酵素、プラセンタをバランスよく配合しました♪【10P03Feb04】

価格:5,800円
(2018/3/2 19:32時点)
感想(0件)

医療, 育児

性別判明、体重急増

 

やっと性別がわかった

7か月目に入り、安定期もラスト1か月になりました。

だいぶお腹が大きくなってきて、服の上からも「出てる」感じがわかります。

エコー検査で性別が男の子と判明

早い人だと5〜6か月目でわかるようなので、ちょっと遅めでした。

前回(先月)の検診では、足を閉じてて見えなかったんです。。シャイ笑

 

ついでに逆子も判明。珍しい横位(頭が右にあった)でした。

このまま逆子が直らなければ、帝王切開ということになります。

いろいろ調べたけど、帝王切開でも別にかまわないような気がしてます(後述)。

 

あと、よく食べて運動しなかったせいか1か月で4kg増えてました(^^;)

本来なら月に1.5〜2kgまでの増加が望ましいんですが。

7か月目の胎児は羊水含めても1kg前後なので、自分の肉が増えてるのは明らかです。

これまで順調だっただけに、看護師・医師とも苦笑いしてた……。

 

お産の方法、国際比較

日本では「自然分娩が一番いい!」という風潮がありますが、調べてみると海外ではそんなことないようです。

欧米や中国、韓国では4割が帝王切開と言われているし、ブラジルは8割以上。

帝王切開でない場合も、無痛分娩を選択する人がほとんどです。

海外の人からしたら、自然分娩志向に対して「痛みを取る選択肢があるのに、何でわざわざ痛い方を取るの?」ってなるらしい。

(WHOは、医学的な理由なく安易に帝王切開することを問題視し、帝王切開を15%程度にとどめることを推奨してます。国の医療コストや、産科医・麻酔科医といった限りある人的資源、設備などを本当に必要な人に提供するため)

私自身は、自然分娩を否定したりはしません。産む人が自由に考えて選択すればいいと思います。

 

ちなみに、日本の帝王切開率は約19%。

無痛分娩(和痛分娩)も、国内ではあまり広まっていません。

「子どもはお腹を痛めて産むもの」「痛みは我慢するもの」という考えが、ごく最近まで社会通念になっていたことが関係するかもしれません。

海外で「不要な痛みは取る」という考えが広まっていることと対照的です。

 

とはいえ、そもそも無痛分娩だって全くの無痛ではないし、帝王切開は腹筋と子宮を切る手術なので当然痛い

自然分娩であっても、安産か難産か、妊婦自身が痛みに強いか弱いかなどで経験する痛みは人それぞれ

しかも、どんな産み方でも後陣痛はある(←痛み止めがあまり効かないらしい)。

産み方によらず「お産が痛い」ことは事実なんですね。

だから、自然分娩だけが痛いとか、痛みに耐えて偉い、というのはちょっと誤解かもしれません。

お腹を痛めないと愛情がわかないというのも、迷信ですよね。そんなこと言ったらパパの立場がなくなっちゃいます。

 

また、逆子だと自然分娩での胎児死亡率が約10%であるのに対し、予定帝王切開・緊急帝王切開では1%未満です。

帝王切開の適応は逆子・双子以上・前回帝王切開・高齢などで、これらの場合は帝王切開がかえって安全な出産方法ということになります。

※日本は世界の中でも特に安全にお産ができる国です(帝王切開だけでなく自然分娩・和痛分娩も含めて)。日本が1000人当たりの周産期死亡率2.5人(2014年)なのに対し、アメリカ6.3人、フランス11.8人、イギリス7.0人、ドイツ5.4人。海外では無痛分娩がメジャーなため母子の体力が温存できることもあってか退院が早く、退院直後に乳児死亡というケースも幾分含まれるそうですが……。

産み方は正直何でもいい

私自身、最初は陣痛の痛みや手術の痛みが想像できずに不安で、

自然分娩、無痛分娩、帝王切開のどれがいいのかしらと思っていたけど

ここまで調べて思ったのは、「無事に産まれてくれば何でもいいや〜」笑

逆子体操も医学的な根拠はないらしいし。

逆子が直れば自然分娩になるけど、早産とか分娩時間長すぎで緊急帝王切開に切り替わることはあるし。

無痛分娩でも、麻酔の効き方は病院や本人の体質で全然違う。さらに当日になって無痛分娩にできなくなることもあるらしい。

 

というわけで、これ以上調べるのはやめて出産までのんびり過ごそうと思います。

逆子が直るかどうかも赤ちゃん次第だし。

なるようになるさ〜。

 

mitete 女性100人の声から生まれたマタニティクリーム3本セット ★葉酸配合★AFC(エーエフシー)《日本製》

価格:8,100円
(2017/10/28 13:25時点)
感想(175件)

医療, 日常

脱毛サロンに通おうとしてやめた話

半年以上前になりますが、脱毛サロンに通おうとしたことがあります。

結果的には、行かないことにしたんですが。

脱毛を検討してる方のご参考になれば。。

 

最近安くなったなあと思って

最近はキャンペーンですごく安くなったり、定額で通い放題にできたりするようなので

総額20〜30万で、半年くらい通って半永久的に全身脱毛できるならいいなぁと思い、

また、初回の相談は無料なので某サロンに行ってみました。

サロンは多種類あるので事前にある程度調べて、自分の条件に合うところにしました。

 

事前に調べたのは

・各サロンでどういう機械を使ってるか(レーザーの波長によっては効果が薄いこともある)

・自分の気になる部位を選べるか(サロンやコースによっては、うなじとかの希望部位を選べないことも)

・値段と通院期間に問題はないか(最初の1か月無料でも、1か月空けて通院だから意味ないことがある)

などです。

私は、できるだけ低価格・短期間で腕や脚など露出部分を全体的に半永久脱毛したかったのです。

 

なお、自宅で行えるお手入れ方法も検討しましたが、根本的な解決にはならないみたいです。

光脱毛:レーザー脱毛と光脱毛とは別物で、自宅用の脱毛キットには光を用いたものもありますが、光脱毛は出力が弱くあまり効果が出ないそうです。

抜毛:物理的に毛を抜く「抜毛」で毛が薄くなることはありますが、毛根ごと抜けてこない(途中で毛がちぎれる)ことも多いので、必ず毛量が減るとは言いにくいです。

毛穴の中でちぎれた毛は埋もれ毛になって肌がブツブツになりやすいし、ちぎれた毛が枝分かれして生えてきて「1本だったのが2本に増えた!」みたいな現象が起きます。。

 

いざ、初回相談

webサイトとか口コミを見て、上記の条件を満たしてるところに行ってみました。

女性スタッフさんが施術や機械について15分くらい説明してくれたのですが……

実際に使用している機械が、webサイトでは公開されていないものになっていました

どうも新しい機種のようです

「以前使っていた機械との違いは何ですか?」と聞いてみたところ、

スタッフさんは医師に確認してきますと言って、しばらく離席しました。

戻ってきて説明されたのは、

「こちらの機械にもメリットはあるということなので……この後先生の問診がありますので直接聞いていただいても大丈夫です」

とのこと。

 

※なぜこの質問をしたかというと、webサイトで紹介されていた機械(アレキサンドライトレーザー)は、レーザーの波長が短めでメラニンに対してよく効き、到達深度も毛根のある位置に合っています。成長期の毛包(毛根部分を包む部分)に照射すると、毛包自体の破壊(→毛が生える機能を失う)を促すので、半永久的な脱毛が可能です。医療現場で長く使用されていてエビデンス(根拠となる報告)が豊富なこともあり、この機械がいいと考えたのです。

 

医師の診察の時にも同じことを聞いてみたのですが、

「メリットは痛みが少ない」

「ほぼ全員に新しい機器で施術をしているが、希望するなら旧式で施術してもいい」

という簡単な返答でした。

半永久的に脱毛できるのかどうかが一番気になっていたのですが、

「数年前に導入されたばかりの新しい機械なので、効果がどのくらい持つかはまだ分かっていない

ということでした。

 

新型は未知すぎると思って断念

うーん……以前より安くなったとはいえ、30万とか払うのに数年後また毛が生えてくる可能性があるなら、ちょっとなあ。

私としては、お手入れの手間が今後スッキリなくなることを期待してたんだけど。。

どうりで、最近の広告に「永久脱毛」っていうワードが使われなくなったわけだ。

(´-`).。oO(あと余談だけど、あの医師やる気なさそうだったなあ……

 

サロンに行って初めて知った新しい機械は「メディオスターNeXT PRO」というものでした。

数年前に開発されたもので、国内の脱毛サロンでは続々と導入されているようです。

このサロンで使っていた従来の機械(アレキサンドライトレーザー)とは根本的に異なる仕組みのもので、毛包よりも浅い場所にあるバルジ領域(毛根に成長を促すよう指示を出している部分)にレーザー照射することで脱毛を促すという新理論によるものです。

この機械のことを業界経験者の医師に聞いてみたところ、

「使ったことないけど、どうやってバルジ領域に狙い打ちするんだろうね。今までのレーザーだとメラニンが光を吸収するから、確実に毛包のある(黒い)部分に当てられたけど。どっちにしても、新しくてエビデンス少ないのは仕方ないねえ」

ということでした。

 

従来型の機械で施術してもらうことも考えたけど、無料相談に行ったサロンにあまり好感が持てなかったのと、現在も従来型をメインに施術している別のサロンや病院は費用が高額(50万以上)だったので、今回は見送りました。

新しい理論や機械の効果が未知なのは仕方ないので、ちょっと様子を見ようと思います

まあ、今でこそポピュラーなレーザー脱毛も、生まれたばかりの頃は「半永久なんて嘘だ」とかいろいろ論争があったようなので、効果がどのくらい持続するかは年月によって明らかになるものなんですね。

 

脱毛サロン体験記はたくさん見かけるけど、検討してやめた人の話ってあまり聞かないと思うので、これから脱毛を考えてる人はメリット・デメリットなどを参考にしていただけたらと思います(^^)

 

【送料無料】TBCエステチケット「エスペシャルコース」(男女共通)|[エステ券 ギフト お祝い プレゼント 全国共通 自分ご褒美 ブライダル イベント 景品 体験ギフト]

価格:32,400円
(2017/10/12 17:03時点)
感想(0件)