仕事

校正者の職業病

校正の仕事をしていると、日常生活でもいろいろと気づくことがあります。
看板メニューの注意書きなんかに誤植があるとニヤニヤしてしまったり。
インドカレーとか中華のお店では特に頻度が高いですね。
こういうのは、校正者じゃなくてもよくあることだと思います。

特に、これはちょっと職業病かな?と思うことがあったので
ちょっと挙げてみます。
皆さんにも思い当たることがあるでしょうか。。

TVのテロップが気になる

ニュースを見ていると、テロップの送り仮名や語用が誤っていることが多々。
近年、特に増えたような気がします。
「事実が明るみになる」とか。
(「明るみに出る」、または「明らかになる」が正しい)

私自身が小さい頃に、TVから言い回しを覚えることも多かったので
ニュースぐらいは、本当にちゃんとしてほしいです。
時代とともに誤用が広まって正しい用法に変わることもありますが
(「助長」とか。かつては悪い方向に伸びる意味で使われていました)、
そうでないものも平気で間違っていたりして非常に気になります。

ニュースの内容よりもそこが気になって、
気づいたら話を聞いてないこともたまにあります(^^;)

読書が仕事のようになる

このブログでも「校正トライアル問題」として
読書中に見つけた誤植を紹介していますが、
本を読んでいると自然に目に入ってきてしまいます
そして写真を撮る。笑

新しい(増刷や改訂を重ねていない)ほど、
どうしても誤りは多いものです。
ですが、それを出版社に報告するかどうか
ちょっと悩むところです。

以前は本をつくる側だっただけに、
相手の気持ちが何となくわかる……。

読者からの指摘はありがたいとともに
少し心が痛みます
間違っててすみません、というような。
そして、すぐに直せなくてすみません。みたいな。
謝り方も通り一遍になるので、どうしても事務的になってしまう。
※内容に関わる重大な誤りでなければ
次のタイミングで修正する以外にないので、
「次回印刷時に修正します」というマニュアル対応になります。
(間違いやがって、返品させろなどと仰る読者もまれにいますが。。基本応じられません)

あと、もしすでに誰かが見つけていて
出版社も把握しているものだったら
報告しない方が相手のためかなーと思ってしまう。

書類で見つけて話の腰を折る

家賃契約とか病院で説明を受けるときとか
真面目に話を聞くべき場面で書類に誤字を見つけてしまい
しかも、つい「あっ」とか言って話の腰を折ることがすごくたまにあります……。

見つけても自制はしているのでほとんど起きませんが、ちょっと自分が嫌になります。
「つい声が出ただけで、普段はスルーしてます。悪気はないんです」と心で謝っています。
けど相手はこちらの職業なんて知りませんし、
本題と関係ないところをつつくなんて嫌味なやつだと思うことでしょう。

向こうは同じフォーマットをずっと使っているから
指摘したところで多分修正されないでしょうし、
まったく意味のない気づきと指摘です。そして恥ずかしい。

運転が苦手になる(?)

これは運転自体に長いブランクがあったことが主な原因かもしれませんが
物事を見るとき、全体よりも部分的なところに注意が行きがち

もちろん、校正のときも全体を見ながら判断して、とやってはいるんですが
ほとんど「見る」という1つの作業に集中することになります。
運転のように、見て・状況を判断して・車を動かして、みたいな
同時にいろいろな処理をするときとは明らかに脳の働きが違う。

実際、すごく久しぶりに車を運転したら
見回してて、何かに気づくとそれが気になってしまったり。
(職業病と言えるのかは微妙ですが)
その間に車は時速40kmとかで進んでたりするので、ちょっと危ない。
やっぱり慣れが必要なんでしょうけど、
何かに目を奪われないよう注意しないといけない感じが少し負担です。
校正者になる前に免許を取ったときは、もっと全体を見られたのになあ。
長年乗らなかったからなのか、年齢的なものなのか……。

でも基本は楽しい

校正者だからって不利になることばかりではないし、
全員に上のようなことが起こるわけでもないと思いますが
生活してると、こういうことが起こる時もあります。

とはいえ読書中に見つけるのは誤字だけではなく、
その本がいかに凝った作り方なのかわかったりもします
「ゴシック体だけど約物(句読点・記号など)が明朝体で見やすい。調整してるんだな」とか
「この見出しだけ黒でなく、限りなく濃いグレーにしてある」とか
「ルビのルールは乱れてることが多いけど、この本はちゃんと統一されてるな」とか、
細かいことに気づけるのは、非常にうれしいことです。

指摘するかどうかは別として、誤字脱字なんかを見つけるのも楽しいです。

 

標準校正必携第8版 [ 日本エディタースクール ]

価格:2,592円
(2017/9/8 08:46時点)
感想(3件)

仕事

校正トライアル問題(7)

校正の練習問題です。読書中に見つけました。

どこに指摘を入れるべきか、探してみてください。

作業時間目安:2分

 

標準校正必携第8版 [ 日本エディタースクール ]

価格:2,592円
(2017/9/8 08:46時点)
感想(3件)

 

 

いかがでしょうか。

答えは、下の赤字のとおりです。

 

特にコメントはないのですが、これも基本的な問題です。

てにをはの間違いや抜けは、うっかりしていると見落としやすいですが

実際に仕事をするときには必ず指摘しなくてはなりません。

それくらい、典型的なものです。

 

特に、内容を読むのに集中してしまう人は気をつけるといいかもしれません。

校正では、内容の理解や文脈の把握も大切ですが

読みながら字面や語法、レイアウト上の不統一などについても

目を光らせていなくてはいけません。

内容に集中しつつ、周辺的な情報にも気づけるような

注意力の分散方法を身につけられると精度が上がります。

慣れるとだんだん上手になります。がんばりましょう。

 

標準校正必携第8版 [ 日本エディタースクール ]

価格:2,592円
(2017/9/8 08:46時点)
感想(3件)

仕事

校正トライアル問題(6)

校正の練習問題です。読書中に見つけました。

どこに指摘を入れるべきか、探してみてください。

作業時間目安:30秒

 

標準校正必携第8版 [ 日本エディタースクール ]

価格:2,592円
(2017/9/8 08:46時点)
感想(3件)

 

 

いかがでしょうか。

答えは、下の赤字のとおりです。

 

これも、単純な誤字の訂正です。

字面が似ているので、急いで読んでいると見落としてしまいそうですが

意味や内容が変わってしまうものは、特にしっかりと訂正しなくてはいけません。

確実に見つけましょう。

 

ちなみに作業時間が短いのは、すぐに見つかる場所

(ページの前の方)にあるからです。

一発で見つければ数十秒ですが、

わからなくて2周目以降に入ると時間がかかります。

実際の仕事ではスピードも大切になってくるので、

一回読み終えるまでに同じページを何度も読み返すことはほぼありません。

ぜひ、一度で発見できるようになりましょう。

 

標準校正必携第8版 [ 日本エディタースクール ]

価格:2,592円
(2017/9/8 08:46時点)
感想(3件)

 

仕事

校正トライアル問題(5)

校正の練習問題です。読書中に見つけました。

どこに指摘を入れるべきか、探してみてください。

作業時間目安:3分

 

標準校正必携第8版 [ 日本エディタースクール ]

価格:2,592円
(2017/9/8 08:46時点)
感想(3件)

 

 

いかがでしょうか。

答えは、下の赤字のとおりです。

 

こちらも、基本的な誤りですから確実に見つけて赤字を入れましょう。

今回のような読み物を校正するときは

内容の読解に集中しすぎて、単純な誤りを見落とさないよう注意が必要です。

また、速く読もうとすると集中力が落ちて、

このような誤りをつい見逃してしまいがちです。

慣れないうちは、時間を十分に取って慎重に読む方が

仕事の精度を保てると思います。

 

標準校正必携第8版 [ 日本エディタースクール ]

価格:2,592円
(2017/9/8 08:46時点)
感想(3件)

仕事

妊娠とフリーランスの仕事
一時休業

もうすぐ子どもが生まれます。予定日まで約2週間。

初産なので、予定日より2週間くらい遅れることもあるそうですが、

いずれにせよ、1か月後にはとっくに子育てスタートしてる頃。

 

当然ながら、お仕事はしばらくお休みですね。

いつごろ再開するかは生活の状況によりますが

せっかく在宅でできる業種なので、時間をつくって早めに戻れたらと思います。

 

妊娠中の仕事と産休

ちなみに、妊娠中の仕事については

フリーランスですから、産休制度などありません。

自分で仕事の量を調節して、スケジュールを組むことになります。

 

ちなみに法律(労働基準法)では、賃金労働者は出産予定日の6週間前から取得でき、

産後8週間は就業してはいけないことになっています。

でも実態はいろいろで、職場次第ですよね。

安定期が終わる妊娠8か月目頃から産休に入り、育休と合わせて1年近く休めるところもあれば

妊娠を報告した時点で退職をほのめかされるところも今だにあるという……。

マタハラ、妊婦様などなど色々トラブルの起きやすい時期ですが、それはまた別の機会に。

 

フリーランスの場合、いつから産休とするかは個人の裁量ですが、

クライアントに迷惑がかからないよう配慮する必要があります。

私はやはり、安定期が終わる8か月目をめどに仕事をセーブしました。

具体的には、

納期のきつい仕事を避ける

・打ち合わせなど、外出の予定を極力入れない

という感じです。

校正の仕事は基本的に家でできますが、もし突発的に入院して、納期を守れないようなことがあるといけないので(実際にはそういうことはありませんでした)。

 

とはいえ、結局仕事はギリギリ(つい2日前)までやっていました。

もう臨月に入っていて、いつ生まれてもおかしくない時期ではあるのですが

これまで受注してきたところから仕事が舞い込んで(ありがたい話です)、

短期かつ取り立てて無理な条件ではなかったので、やらせていただきました。

病院の検診でもまだまだ生まれる気配ないと言われていて、幸い何事もなく終わりました。

……万が一いま陣痛が来たらと、ちょっとヒヤヒヤしましたが(^^;)

 

フリーランスにとって妊娠とは

企業に勤めていたら、出産直前に仕事が入ることはまずないと思います。

また、今回はクライアントに妊娠の話をしていなかったため、仕事の話が来たのでしょう。

そもそも、クライアントに妊娠の報告をする人もいれば、しない人もいます

報告しなければいけないとは思いませんし、

仕事に支障がなければどちらでもかまわないと正直思います。

 

もちろん、伝えずに仕事を受け続けた結果、出産や育児で時間が取れなくてクライアントに迷惑をかける……というのは社会人としてダメですよね。

フリーランスですから、仕事量や納期の余裕を自分で管理することが前提です。

 

しかし、きちんと自己管理できている場合でも

「子どもが生まれます」と報告した時点でクライアントの印象が悪くなり

仕事が来なくなるケースが多々あるようです。

(この傾向は、もともとフリーランスに対して無茶な仕事の振り方をするクライアントに多いように思いますが……)

フリーランスは短納期で大量に仕事をさばくために使うもの、

と考えているクライアントからしたら、

子育て中のフリーランスは無理な条件をのめないので確かに使いにくいでしょう。

「フリーランスにとって妊娠の周知はマイナスでしかない」とブログで発言されるフリーランスの方もいらっしゃいます。

※その方は、誰にも妊娠を伝えず、出産前後の期間を「多忙」ということにして仕事を一旦ゼロにし、産後1か月で復帰されたようです。その後も育児しながら半年で元の仕事量に戻したとか。すごい……!

 

会社員にとってもリスクではある

この点は、企業に勤めている人とあまり変わらないかもしれません。

会社員時代に他の人が産休・育休を取ったときのことを少し思い出します。

産休明けに以前と同じように働けるわけではないので、

時短勤務やリハビリ的な業務から始まり、

子どもの急病などで早退・欠勤することもあるし、

遅い時間の会議や泊まり出張などに参加できない……となると

よほどホワイトな職場でないかぎり、会社側としてはその穴埋めが難しく

(何だかんだで周りの負担が増えますし)

嫌な顔をされることもあると想像します。

だからといって「妊娠報告→じゃあ退職して」はおかしいと思いますが。

 

とはいえフリーランスは自由だ

仕事と子育てのバランスは、

自分のキャパシティだけでなく

環境とか周囲の協力とか、色々な要素が関係するので

一筋縄でいくものではないです。

 

ただ、フリーランスの利点としては

休業を機にクライアントと関係が切れてしまっても

心を新たに、新規開拓すればいいと割り切れることが大きいと思います。

もともと単発の仕事で一度だけお世話になる場合も多いし、

自分の状況に合わせて、その都度受注できる量の仕事を取っていくというのも

フレキシブルでよい点です。

 

産後どのくらいの期間で復帰できて、仕事量はどのくらいになるか

自分でもまだわかりません(育児の状況次第)が、

ブログは続けつつ、マイペースに再開の準備をできればと思います。